株式会社ミュージックバンカー会社案内のイメージ

Music Bunkerの由来=「音楽船の燃料庫」

ミュージックバンカー概要

会社名 株式会社ミュージックバンカー(英語表記 Music Bunker Inc.)
設立 2010年9月1日
代表者 水谷 智明
事業内容
  1. 音楽、音声、映像コンテンツの企画制作、宣伝、販売
  2. 音楽、芸能に関する興行の企画、運営、実施
  3. テレビ、ラジオ番組の制作
  4. レコーディングスタジオの経営
  5. 音楽、芸能に関する人材のマネジメント、育成
  6. アプリ企画開発、制作
  7. 前各号に付帯する一切の業務

所在地

東京オフィス& バンカースタジオ

〒151-0073  東京都渋谷区笹塚2-18-3 VORT笹塚7F
(京王線 笹塚駅より徒歩3分)

大阪オフィス & スタジオベロニカ

〒550-0015  大阪府大阪市西区南堀江4-12-19 F-Studio 802号
(千日前線、及び長堀鶴見緑地線 西長堀駅より徒歩6分)

電話番号 03-6300-4406
FAX 03-6300-4407
Eメール

office@music-bunker.com

代表者略歴: 水谷智明

ミュージクバンカー代表、水谷智明の写真

(株)ミュージックバンカー代表取締役。 
1999年、BEINGに入社。作曲/編曲/ミキシングエンジニアを担当し、「DJ ME-YA」名義で倉木麻衣や愛内里菜など、通算50作以上を手掛ける。活動の幅は音楽制作のみならず、テレビ出演、TV番組制作、レコーディング・スクールの講師、など多岐にわたる。一方でA&R・制作ディレクターとして商品企画から戦略立案、工程管理を行うなど、音楽ビジネスにも精通。またEZ着うたフルサイト「インディライズ(後のD style EZ)」の企画運営など、音楽配信分野においても評判の高い実績を持つ。'03年、BEING内部にブラックミュージック専門レーベル「DAY TRACK」を設立。KEN-RYW、CIMBA、CRAFTなど、シーン発のHITアーティストを世に送り出す。'06年より、愛内里菜のライブDJとしても活動。 '08年、愛内と共にユニット「INTER-D」を結成し、全国クラブにてライブ活動を重ねる。 '10年、株式会社ミュージックバンカーを設立、同代表取締役に就任。アーティスト、声優、俳優などのマネジメントやコンテンツ制作を柱に事業展開を担いつつ、音楽プロデューサーとして新進気鋭のサウンドを生み出している。

ウィキペディア 作品経歴
Twitterアイコン Twitter
FaceBookアイコン FaceBook

ミュージックバンカー社長の育成メモブログ

ミュージックバンカーの沿革

会社の沿革

2010年 東京都渋谷区に株式会社ミュージックバンカー設立。幡ヶ谷にスタジオを構え、アーティストマネジメントと音楽制作を開始。
2011年 FMラジオ番組の自社制作を開始。声優部門を創設。アプリ制作を開始。
2012年 幡ヶ谷に事務所を新設。劇団ファニーパレット旗揚げ。Music Bunker Online Shopを開設。
2013年 大阪市西区南堀江に大阪事務所開設。
2014年 東京オフィスとスタジオを渋谷区笹塚に統合移転。学校公演企画団体BSCを設立。
2015年 シニアタレント部門を創設。エスギター教室を開講。
2016年

朗読ユニットコトノハ、劇団ミルイル、演劇ユニット2.5...を旗揚げ。

 

ミュージックバンカーとは、どんな会社? 【MBのマネジメント方針】

ミュージックバンカー東京オフィスのエントランス風景

株式会社ミュージックバンカーは2010年設立の新しいマネジメントオフィス。 ミュージックバンカーのマネジメント方針は、「自ら価値を高め、自ら活躍の場を創造する」。 これを所属者と事務所とがお互いにタッグを組んで志すことで道を創ります。
音楽不況と言われて早10年の歳月が経ちます。 CD=メジャー=音楽業界という構図は実際もっと前から崩れておりますが、コンテンツフォーマットがアナログレコード→CD→配信→クラウド型ストリーミングと時代に応じて変化しても、古今東西変わらない唯一のものがあります。それは何か? 「アーティスト自身、また楽曲の存在価値」、そのものではないでしょうか。
CD=メジャー=音楽業界、この固定観念を一回取り払ってみると、意外な事実が見えてきます。 オリコンチャートに上がらなくても3000人規模のライブハウスなら毎回パンパンに埋めるロックバンド。 YOU TUBEで映像が何十万再生という実績を持つ地下アイドル。一日で500枚の自主制作CDを売り切るヒップホップユニット。 いずれも、これまでの業界慣習や仕組みの中では成し得ない現象です。でもそんな既存体制の枠外で売れている人たちは大勢存在する。CDを買う行為自体が前世代的なものになった今、それでも若者の一番の趣味は「音楽鑑賞」だそうです。皮肉な話ですね。

これらを総合すると、決して音楽不況になったわけではないと言えます。アーティストにとって売れるための方法論と活動環境、またリスナーにとっての捉え方と求め方が変化しているだけなのです。では売れるために最も必要な要素って何なのか? それはズバリ「ファン」のニーズ。最も根本的な概念です。
ミュージックバンカーではとにかくココに注目していきたい。「ファンが求めるからCDを作る」「ファンが求めるから更に大きなところでライブをする」そういう状況が先にあるからレコード会社から評価されるのです。残念ながら9割以上の人が真逆のプロセスを求めますが、それでは実際スタートラインにも立てない。それどころか根拠のない売り込みは火傷の元。中途半端な状態でオーディション巡りを繰り返し、打ちのめされて心折れる若者が後を絶たないのが残念でなりません。

ミュージックバンカーはマネジメントの基本に立ち返りたい。「先にやろうよ、着実なファンづくりを、一緒に」 。これがマネジメントの第一歩だと考えます。

ミュージックバンカーはアーティストだけではなく、声優や俳優、タレントなど、幅広い分野の表現者をマネジメントしていますが、いずれも基本方針は同じ。 所属者たちの育成に力を入れ、数十年通用するスキルを磨き、「あなたでなければならない理由」を価値として創り上げ、売り込める根拠を先に築いてから提示する。 硬直化した各業界の在り方に依存する「待ちの姿勢」ではなく、固定観念に縛られず自ら活躍の場を切り拓いていける、クリエイティブでな表現者集団そんな彼らと新たな価値を創造していくことが、ミュージックバンカーのミッションです。そして「エンタテインメントを通じてワクワク人生のコマを共に進める」という方針ををスローガンとしています。