ライト声優スクールの在り方

本校は、声優養成所とも専門学校とも、趣旨や形態が異なります。声優やナレーターにとって、予備校(補講塾)のような存在。本質的な基礎部分にフォーカスし、実力/底力を向上させることがテーマの環境です。

一般的な大手プロダクション付属養成所と、ライト声優スクールとを比較してみました。

一般的な声優養成所 ライト声優スクール
こんな人におススメ 運営している母体の声優事務所を目指したい方 声優やナレーターとして実力を上げたい方
その他、参照
クラス形態 15~25人のクラス マンツーマン
(ワークショップでも各定員10名)
授業の目的 全体カリキュラムの進行 個々の課題克服
料金 入所金:10~50万円
月額あたり3万~10万円
(年間受講料100万円以上が一括で必要なところも多い)
入会金1万円
月額1万円~
(ワークショップ単体履修の場合7,000円~)
履修教科 指定のパッケージ 選択履修
期間 1~3年の進級制 期間設定なし
ゴール 卒業/満了 自らが設定
大学受験に例えるなら 高校 予備校

例えば事務所の付属養成所は、その事務所に所属を目指すこと、または在籍状態でいることが目的です。ライト声優スクールは、それに対して個々の声の課題に1対1で向き合い、声の偏差値を向上することが目的です。。

声優やナレーターとしての本質的な基礎部分にフォーカスし、実力/底力を向上させることがテーマです。