マンツーマン+ワークショップの組み合わせ

声優/ナレーター育成専門のボイストレーニングがこんなに安い。レギュラーの月4コマコースの場合、完全マンツーマンにして1回60分当り4,000円です。声優養成所や専門学校の補完をする予備校だからこそ、無理のないお月謝で!

※本ページの料金表示に、消費税は含まれておりません。

初回手続き時、入会金が10,000円必要となります。

① マンツーマンレッスン料金

回数 1コマの時間 月額
月4コマ 60分 16,000円
月3コマ 60分 13,000円
月2コマ 60分 10,000円

月4コマ以上履修したい場合、追加1コマ当たりの単価は4,000円となります。

※上記の他、東京の拠点では、1コマ当たり別途500円のスタジオ使用料が必要です。(大阪は自宅レッスン場を拠点とするトレーナーのマッチングになるため不要)


マンツーマンレッスン内容

個々にカスタマイズされた課題解決

声優志望者に対して1対1で向き合う ナレーションの読みを個別指導 発声練習をするナレーター

現状レベルと状態、また個々のビジョンを把握し、1対1で毎回60分のレッスンを行います。大人数クラスが前提の、一般養成所や専門学校の環境では扱えない内容で、声優ナレーターとしての真の基礎スペックを向上に導きます。

レッスン日程の決め方

基本強化項目

声や言葉の精度を高める
  • ブレスコントロールと発声
  • 姿勢矯正
  • 音階練習(地声、鼻腔共鳴)
  • 発音/発語(調音点の理解と体得)
  • 開口練習
  • 短文と長文の読み(滑舌、響き、プロミネンス)
セコンドとして個別目的に応じる
  • 案件やオーディション対策
  • 演技指導
  • ボイスサンプルの個別チェックと指導
声優のボイスサンプル収録

ボイスサンプル収録

レッスンの持ちコマを消費して、レコーディングに振り替えられます!ボイスサンプルの収録を通じて、マンツーマンレッスンの成果を確認したり、課題を見つけてマンツーマンレッスンの方針に反映させましょう。


② 各種ワークショップの案内

マンツーマンと併せて履修すると効果3倍のワークショップ

ワークショップ環境をチェック

4つの選択型ベーシックワークショップ

マンツーマンのボイストレーニングと合わせて取りたい、基本ワークショップは下記の4種類。

1、芝居の総合演習(東京/大阪)

日程:第3日曜 東京=12:30~、大阪=16:00~

東京=江沢昌子先生(オフィス薫)、大阪=小木曽佳哉先生(MBチーフディレクター)による、演技のワークショップです。演技や芝居の基礎訓練、研究を行いたい方。本クラスの中から選ばれた方は、別途アテレコ演習(無料)に参加出来ます。

※なお、大阪は現在、アテレコ演習を全員参加型とし、当該演習をもって本ワークショップに代えさせていただいております。

芝居のワークショップの模様

詳細案内

2、ナレーション強化演習(東京)

日程:第2土曜 13:00~
現役ナレーター和村康市先生による、ナレーションを専門的に極めるための演習。
ナレーターを一直線に目指す方。本ワークショップ履修者には、優先してナレーション案件を振ります

ナレーション強化演習の模様

詳細案内

3、表情筋エクササイズ(東京)

日程:第1金曜 20:00~
30以上ある顔の筋肉を一つ一つ理解し、顔の左右を整え、自然な表情を創れるようにする。
ステージ、宣材写真、オーディションなどで対人印象を向上させたい方。年に2回、宣材写真を撮ります(希望者のみ)。

表情筋エクササイズの模様

詳細案内

4、ラジオ演習から学ぶトーク術講座(東京/大阪)

日程:適宜クラス編成による
「模擬ラジオ演習」を題材として、収録などで伝わるトーク構造と技術を学ぶ。
ラジオを持っている人も、これから目指す人も。一連のカリキュラム履修後は、同チームでWEBラジオ制作、またはYouTube Liveのライブストリーミング番組を担当します。

ラジオ養成の模様

詳細案内

参加料金:各7,000円/月1回

ただし、2つ以上履修分からは、2,500円で参加出来ます!

ワークショップの「単体履修」も可能(ただし入会金10,000円が必要)。

ワークショップは、各々6か月以上の継続が前提です。

受講料の安さに驚く生徒

第2ワークショップからは、受講料65%オフ

ワークショップ複数履修の例

①芝居の総合演習(7,000円)+②ナレーション強化演習(2,500円)=計9,500円

上位ワークショップ

更にハイグレードな選抜型上位ワークショップもあります。
より活動やお仕事につなげたい方は併せてご検討ください。

人気のコース組み合わせ