声優になるための技術

アテレコをする声優たち

芝居力

声優のお仕事は「芝居」だという意識を持っている人、意外と少ないようです。「声を作って画にあてる」事自体が声優の仕事だと思ったら、少しずれているかもしれません。「声でお芝居を創り上げる」これが声優です。

演技力

上記の芝居力とリンクするものではありますが、心の動きや感情表現をアウトプットするテクニカルな力です。トーン、テンポ、間などをコントロールし、緩急や距離感を演出することが求められます。

想像力

アニメのアテレコ現場において、収録時に画があることは、ほとんどありません。無機質な「線画」にキャラクター感情を見出し、吹き込んでいくスキルが必要です。そのために想像力、ひいては音響監督さんの意図を汲む力が必要です。

録音力

同じ芝居という根本はあっても、舞台役者と声優とでは、発声のアウトプットが異なります。それはマイクを通すか否か。観客に拡声する音声ではなく、マイクに乗る水鉄砲のようなブレスコントロール

対応力

ここでは「キャラクターの引き出し」のことを指します。声優の仕事の醍醐味は、一人の演者がキャラクターに合わせて様々な声を演じられること。ただし、必ず自分の軸となる声を確立することが先です。

声優になるためのヒント

声優のマイク

声優を目指すために必要な知識

ここでは、スキル面から5つの必要力を上げましたが、声優になるには、技術以外にも多くの要素が必要です。

どんなルートで目指せば良いのか、どういう人が事務所所属になれるのか、本気で声優を目指したい方は、下記解説サイトをご参照ください。

声優になりたい委員会

重要関連コラム

声優/ナレーターになるために